Demain il fera jour.

とりとめなく,記録

とうとう報告した.最終決戦は火曜日.さあどうなる.

ふわふわ

明日というか今日はコンクールなのに寝られない.頭だけがよくわからぬが冴えてる

夢と,現実と

久しぶりにここを開いて,ああ,6ヶ月前はこんな事考えてたんだなとふと思う.
就活をして,何となく違和感を感じ,かつやっぱり博士号を取りたいという気持ちは捨てられなかった.
あとは就活中にかなりひどいうつが再発してしまったのでやむなく中断し,そのまま残りたいと伝えた.
今返事待ち.
何て言われるか怖い.
指導教官から見たらトロくてミスが多く,何考えてるかわからない愚図な学生としか思われていないのは明確なので.
私の明日はどっちだ.

人,人,人の波にもまれて

初めて合説なるものに行ってきた.
見渡す限り人の海である.
いくつか気になる企業のブースを見て,大学入試のときにあった説明会と同様の既視感を感じた.
興味ある企業の人に質問がてらしゃべってたのだが
「いやー人多いねーよく知ってる企業さんとか人だらけじゃないか」
「ああいうとこ行きたいですか?」
「嫌だ行きたくない」

というのが気に入った.

他大の知り合いはもう就職活動を始めているらしい.
一方私の大学の知り合いは「就活してる〜?」「う〜んまだ〜」の嵐である*1
修士に進学したときはそのまま博士まで進学する予定でいたのだが,研究に関する違和感を日に日に強く感じるようになってきた.
友人に相談したところ,「そもそも研究者向いてへんやん,興味の幅広すぎんもん」
と複数人に断言された.
同時に後期から以前より興味があった科学コミュニケーションに関する授業を受けて,やはり自分がやりたいのはこっちだと思うようになった.
ので就活をする.
違和感があったら決して研究が嫌な訳ではおそらくないので,博士課程に進むことにする.

*1:ただ私の周りだけかもしれない

実験がとうとう本格化してきて,学内でも有数のブラック研究室(笑)という本性を剥き出してきた.とはいえ意外に元気である.
周りの人も黙々と作業をしているため自分だけじゃないと思うこともあるのだろう.
授業も後期になったのでずっととりたかった科学コミュニケーションの授業をとって浮かれまくっている.自分は研究よりも何かをまとめあげるというかそういうことをしたいなあと最近感じるようになった.