Demain il fera jour.

とりとめなく,記録

思い残していること.言ってもしょうがないが.

同期が「「ありがとう」も「ごめんなさい」も言えるうちに言っておかないと後悔するんだな。」と呟いた.
不意に父方の祖父を思い出した.
祖父は私が大学1回の冬に肝臓ガンで亡くなった.

昔から祖父とはあまり相性が良くなかった.
会う度にお互い何かと突っかかって,けなし合っていた.

祖父とほぼ完全に交流を持とうとしなくなったのは高校受験の後.
第1志望だった高校に不合格となり,第2志望の高校に行くこととなった当時,悔しくて,でも悔しさを吐き出すところもなくてかなり不安定な状態だった.
そんなときに祖父からお祝いの電話がかかってきて喋っているときに祖父が一言.
「もっと上の高校に行きたかったか」

今思い返すと深くは考えてなかったのだろうし,なぜキレたのかもよくわからない.
だがその一言で私はぶち切れた.
人生であれほどキレたのはあともう1度ぐらいかというくらい.
電話口で泣き叫び,最後に「もう2度と私に話しかけんといて」と言って電話を一方的に切った.
次の年は祖父母の家に行っても祖父とはほとんど喋らなかった.
祖父も「かわいくない孫」だの色々減らず口を叩いていた.
その次の年は祖母の具合が悪かったり,受験だったり,祖父にがんが発覚したりと都合よくというか何と言うか機会はなかった.
まぁでももう長くはないし,ホスピスに家族で見舞いに行くということになった.
だが,見舞いの前日,年末に祖父は亡くなった.

葬式は気がついたら終わっていて,父の従姉が話す祖父の思い出話を聞いていた.
色々と話していたのだが,急に私の方を向いて言うには
「あなたのことが本当に自慢だったみたいで,会う度に色々自慢してたのよー」
と言っていた.
「いや私昔からいつもけなされてましたけど」
「叔父さん本人の前で褒めたりするのど下手くそだからねー意地っ張りだからねー」

両親からも以前から祖父は褒めるのが苦手だからけなすんだ,と私に言っていたのだが,聞く耳を持たなかった.
だがこのときは流石に祖父とそんなに仲の良くなかった両親からの発言ではなく,祖父が非常に頼りにしていた人物からの発言だったので,素直に受け止められた.
お互いに意地張って無駄な時間過ごしたなー,その時間はもう戻せないのに,と後悔というか何とも言えないため息をついた.
意地の張り合いは無駄ですね.
ほんまにやれやれだ.